このウィンドウを閉じる

MEMBERS:
・George Murasaki (Leader, keyboards)
・Eiichi “Chibi” Miyanaga (Drums)
・Kiyomasa Higa (Guitar)
・Yukio “GG” Shimoji (Guitar)
・Hiroto “JJ” Arasaki (Lead vocals)
・Chris Teruya (Bass)


1970年、リーダーのジョージ紫 (Keyboards)を中心に「紫」を結成。

その後何度かのメンバー・チェンジを経て、1975年、ジョージ紫、宮永英一[Chibi] (Drums, Vocals)、城間正男 (Lead vocals)、城間俊雄 (Bass)、比嘉清正[Keith] (Guitar)、下地行男[GG] (Guitar)の6人編成で本格的な活動に入る。

同年8月8日、大阪「8・8 ロック・デー」に突如ゲストとして登場し、圧倒的なライブ・パフォーマンスで 6,000人いた観客は総立ちに。「紫」の名を一気に全国へと広めた。1976年4月には1stアルバム「MURASAKI」をリリース。卓越した技術と多彩な感情を表現する楽曲は、日本のロック史上に大きな足跡を残し、4万枚のセールスを記録。同年12月には2ndアルバム「IMPACT」をリリース、北海道から九州にわたるジャパン・ツアーを敢行。ハード・ロック・バンドとして他を圧倒する支持を集めるようになる。

1977年、ライヴ・アルバム「DOIN’ OUR THING」を発表、音楽誌「ミュージック・ライフ」での人気投票では、1977年の国内部門グループ第1位を獲得。翌1978年の同人気投票に於いてはジョージ紫が国内部門キーボード・プレーヤーとして第1位に選ばれ、Chibiもドラマー部門で第3位に入り、メンバー全員が各プレイヤー部門でそれぞれトップ・テンにランキング入りするなど、当時の音楽シーンを名実ともにリードする存在となる。しかし人気絶頂の1978年、ジョージ紫、Chibi、清正の3人が脱退を決め、9月に当時のメンバーとしてのラスト・コンサートを行う。

ジョージ紫は「紫」解散後「George Murasaki & Mariner」を結成、2枚のアルバムを米国でレコーディングし、日本でリリース後解散。1983年には、オリジナル・メンバーで「紫」を再結成し、 現在の「ピースフル・ラブ・ロック・フェスティバル」のスタートとなる “MURASAKI! Why Now? Peaceful Love Rock Concert” を開催。その直後、ジョージ紫はChibiをボーカリストに迎え「George Murasaki & OKINAWA」を結成、1986年には新生「紫」として改名するも、すぐに解散。

その後、メンバーは個々に音楽活動を継続、チャリティー・ライブやフェスティバルで何度か「紫」として再結集し、ライブ音源 (“Back to the Roots”) を残す(1997年発売)。1992年2月にはオリジナル・ライン・アップでの「紫」としてIan Gillan Bandの沖縄でのコンサートでサポート・アクトとしての役割を果たす。

また、1999年には、ジョージ紫、Chibi、清正、ジョージ紫の長男のRay (Bass)、次男のLeon (Drums)のメンバーで新たに「紫」を結成。沖縄市にあるライヴハウス「7th Heaven Koza」を中心にライブ活動を行ってきた。

そして2007年、ジョージ紫、Chibi、清正、GGの全盛期メンバーにJJ (Lead vocals, ex-Mariner)とChris(Bass)を迎え、「紫」は再結成した。2008年には日比谷野音で行われた「Japan Rock Band Festival 2008」に参加、2009年には宮古島、神戸、東京でのライブを慣行後、新作アルバムの曲作りに入る。2010年6月9日にニューアルバム「PURPLESSENCE」をリリースし、神戸、東京、沖縄でのコンサートを慣行。2011年6月には鳥取でのコンサートを行い。10月には、沖縄県主催の「世界のウチナーンチュ大会」やモンゴル800主催のイベント “What a Wonderful World” にも出演した。

2013年1月には新作 “Eyes Wide Open” (6曲入りミニアルバム)を発表し、それを引っさげて1月から3月に掛けて東京、名古屋、大阪、沖縄を含むツアーを行った。

2015年8月8日には、コザミュージックタウン音市場に於いて、本土進出40周年記念として「8.8 ROCK DAY OKINAWA」を開催。満杯の会場でハードロックバンドとして、その本領を発揮。

最近の活動としては、2016年6月8日に最新CDアルバム「QUASAR」をWOWOWエンターテインメントよりリリース。6月15日に札幌、18日に東京、そして20日に大阪でコンサートを敢行、新曲やかつての名曲を織り交ぜたレパートリーで往年のファンを魅了し、と新しいファンも獲得した。

個人として、ジョージ紫は音楽監督として2007年7月27日にグランドオープンした『コザ・ミュージックタウン』で盛大に行われた「こけら落とし公演」をプロデュースし、自身をはじめ、コザのロック史を刻んできた多くの地元ミュージシャンや、本土から応援に来た大物アーティストなどが出演。そのオープニングではジョージ紫の演出によるロックと琉球の伝統が融合した舞台構成も見所のひとつで、沖縄空手や若手舞踊家の舞いなど、まさにこの日ために特別に用意された舞台によって「コザ・ミュージックタウン」は、華やかに幕をあけた。

また、ジョージ紫は「平成二十二年(2012年)度沖縄市技能功労者」として表彰され、2012年12月7日には琉球新報社主催「第10回宮良長包音楽賞」の特別賞を受賞。「紫」の他にGeorge Murasaki Projectというユニットも主宰、クラシックを含む幅広いジャンルの音楽活動を行っている。

閉じる(escキー)